金沢の氷室万頭

2017/07/03

 

いよいよ夏らしく暑い日が続いていますが皆様はどうお過ごしでしょうか。今日は石川県金沢市の夏の風習、氷室万頭をご紹介いたします。

 

江戸時代の加賀藩では、毎年7月1日に幕府に氷雪を献上していました。この氷雪を夏まで保存する氷室を開き、江戸まで無事に届ける事が出来るように神社に万頭をお供えし祈願していたそうです。これが町民にも広まり、7月1日に無病息災を祈り氷の代わりに万頭を食べていたのが始まりと言われています。(諸説あり)

 

氷室万頭は丸型の万頭で皮の色が白、赤、緑の3色あります。江戸時代の氷室万頭は麦万頭でしたが現在では多くの和菓子屋さんでは酒万頭になっています。口当たりが軽く何個でもペロリといけそうな、とても美味しいお万頭です。

 

私としては昔から7月1日に万頭を食べることが当たり前だったのですが、県外の友人と話をするなかで金沢だけの風習だったことに驚きました。これからの猛暑にむけてしっかりと体力をつけ、毎日の仕事に励みたいものです。

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

February 15, 2019

January 11, 2019

December 7, 2018

October 18, 2018

October 11, 2018

August 1, 2018

Please reload

アーカイブ